二卵性のふたご日記

2011年新築、2012年9月双子出産の日記です♪

アレルギー検査結果と今の状況

今日はアレルギー検査結果を聞いてきました。



結果は、前回よりも数値は大幅に下がっていました。

ただクラスは変わらず、3です。

発症率(症状が出る)で言うと約4割。



ヒロは今のところ、卵と牛乳は口にしていません。

動物的勘というのでしょうか。

バレないように入れているのに「いらん」と言うことが多いんですよね。

それはお菓子も同じで「大丈夫よ」と言ったものでも口にしない。

全く入っていないものでも「これは、たまごとぎゅうにゅうがあるけー、いらん」と。

練り製品も食べない、ソーセージも食べない、既製品はレトルトカレーくらいしか食べない。

お菓子は飴ちゃん、グミ、柿の種、ぽたぽた焼き…それくらいです。



正直、手の施しようがありません。



その話を先生としたときに

「そうやって“たべない”って言うのも一つの防御だろうね。そういうのあると思う」

「まぁ、無理して食べなくても、今は数値が下がり始めてるから小学校までにはある程度は回復するかな」

「口にしてなくて数値が下がってるってことは期待は持てるかもね」

「あとは様子見かな」

そんな話をしました。



いつも先生は、あえて口には出さないのだけど

「焦る必要もないし、そのうち治る」

というオーラを出してきます(笑)

「個人差があるし、数値が全てじゃない。本人が無理に食べても逆に良くないしストレスだから」



そして最後に

「あとはお母さんの料理のレパートリーだね(笑)」

と。



オイオイ…それを一番言いたいんじゃないのかい??

と突っ込みたくなります(笑)



あとは、湿疹の薬(ステロイドの量を増やしたもの)を処方してもらいました。

(先生曰く「あれ?これ僕にしては量が少ないわー。治り、悪くない?ごめんごめん」と言ってました(笑))



そして保育所に提出するアレルギー指示書を記入してもらいました。

もちろん、卵、乳の欄は全て×(食べられない)です。

また1年間、アレルギー除去食です。



ちなみに今日はヒロもユウも連れて行かず、私1人で病院に行きました。

ただ結果を聞くだけだったので、今の時期に総合病院に連れて行くのは危険だなと思ったので。

うん。正解でした。







訪問して頂きありがとうございます。
入院診断書を貰ったので、アレルギー負荷検査入院の保険請求が近々します。
更新の励みになるのでポチっとして頂けたら嬉しいです♪
 
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ



スポンサーサイト
  1. 2017/02/15(水) 13:20:17|
  2. アレルギー
  3. | コメント:0

アレルギー検査入院の保険請求について

先日、重い腰を上げて、ヒロのアレルギー検査入院の保険請求をしました。



子供の保険って、どうしようかずっと悩んでいたんです。

が、1年前、ヒロがロタで脱水になって入院したとき(結果的にユウもだけど)

さすがに入ろう…

そう思って保険に入りました。

(2度目の入院だったので)



掛け捨ての県民共済です。



保険会社のものは確かに充実しています。

ケガや第三者への損害、または物損などもしっかりしています。

が、その分、掛金もかなり高い。



基本的に死亡に重点は置いていません。

むしろ無くてもいいと思っているので、入院と通院がある程度、出ればいいな…そう思っていました。



職場に出入りしている保険屋さんにも話を聞いたりしたのですが、

どうしてもセット売りのような感じでプッシュしてくるんですよね。

将来を見据えて貯蓄型のものがいい…とか。

高校入学時、大学入学時にお金がかかるから、それを見据えて貯蓄がある保険にしなさい…みたいな。

でもね、うちには余裕がないのですよ。

月に1万以上、下手したら2万近くも支払う余裕はございません。



そして重要項目として、

アレルギー検査入院でも1泊(もしくは日帰り)の請求は出来るかどうか



大手の保険会社が軒並み「ダメ」という回答でした。

それは該当しない…ということで。



だったら入る必要はないな。



それなら、掛け捨てで十分!そう思って県民共済に加入しました。

月に1000円。2人で2000円。

おまけに2割くらいは返って来るんですよね。



で、加入当初は、アレルギー検査入院の請求ができるとは思っていなかったのですが、

入院直前に聞いてみたら

「入院って病院の領収書に書いてあるなら出ますよ」

と言うことで。



タナボタな話です(笑)



ヒロは日帰りなのですが、病院の扱いは「1泊2日の入院」です。

外泊という形で家に帰り、翌朝に病院の先生と話をして、そこで退院という形となっていました。

なので領収書の日付は12月8日から12月9日までとなっています。



で、県民共済へ電話をして、必要事項の話をしたのですが、聞かれた内容は

・入院をした理由は何ですか? → アレルギーの検査入院です。

・アレルギーは何ですか? → 卵です。

・1泊ですか? → はい、1泊です。

・今後、アレルギー検査入院をすることはありますか? → あります。

・それは卵ですか? → 卵と牛乳で半年以降で考えています。

担当の方が、

「それなら該当するので書類を送りますね」

と、話を終えました。



とても紳士的な方でしたし、高感度がさらに上がる県民共済様。



そう。

診断書を貰わないといけないそうですが、

「診断書がいるのですが、診断書の料金の負担は共済の方で取りますので領収書を頂いてきてくださいね」

と。



ありがとう、県民共済。



そしてヒロのアレルギー検査でかかった費用は、卵代と昼食代のみです。

病室代、ベッド代は大部屋なので無料でした。






訪問して頂きありがとうございます。
回し者ではありません(笑)
少しでも参考になれば…。
更新の励みになるのでポチっとして頂けたら嬉しいです♪
 
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ



  1. 2017/01/14(土) 07:00:00|
  2. アレルギー
  3. | コメント:0

アレルギーのことで先生と話をしました、そして思ったこと

前回、前々回と記事を書きまして、いろいろとご指摘も受けました。

それはそれで受け入れています。



で、先生と話をしました。

「ヒロくんは早く帰るから、先に荷物を準備させてそこに座らせていた」

と言っていましたが…どうでしょうね(笑)

当日、ユウは熱が出て休んでいたのでヒロは1人で保育所へ行っていましたが、

私は早く迎えに行くとは一言も言っていません(笑)

なので、それが合っているかは分かりません、正直。

でも、それを信じるしかありません。



実は、端っこにいた日の次の日もヒロに聞きました。

「ヒロくん、今日はおやつ、どこで食べたん?」



「はしっこよ」

「アレルギーじゃけー、○くんとたべた」



この言葉のあとに先生と話をしたので、何となく先生の話も信じがたかったのですが、

相手も教育者ですし、そういう事をするとは思えない…と思ってます。

というか思わないとダメだなと。



コメントで「配慮が必要なんですよね?」とありました。



はい。必要です。



今回のことは、保育所でしてくれている配慮とは違う配慮だったと思いました。

人と違う場所で食べさせられるって…。 ← 本当はそうではなかったと説明はあったけど。

自分に置き換えたとき、やっぱりイヤですし、腹も立ちます。

「え?私、悪いことした?」

って思います。



ただそれだけです。



やり方ひとつで子供の感情は変わります。

自分の子供だけじゃない。

周りの子供の影響もあります。

「ヒロくんはアレルギーじゃけー」

と言われたヒロはどうでしょうか。

逆にヒロとユウが「○くんは○○じゃけー」と言うのは許しません。

あの子は○○だから…。

それと一緒。

そう感じただけです。
 


ただそれだけ。



ブロ友さんのブログを読んで共感をしたことがありました。

ブロ友さんはワーママに関することでしたが、彼女の考えは本当にいつも心が救われます。



コメントで「家庭の事を保育所に押し付けないで」「集団生活なんだから」と言われました。

私のブログの書き様が足らなかったのかもしれません。

押し付けているつもりもありませんし、それを求めてもいません。

でも、そんな事を言われてしまったらヒロは集団生活から排除されてしまいます。

みんなと少し違うだけです。

配慮を求めると言っても最低限のことだけです。

食べることに関することよりも、人として省かれることだけは避けてほしい…それだけです。

でもこれらって、アレルギーを持つ子がマイノリティだからなんだなって思いました。

絶対数が少ないから。

マイノリティ=悪い…ではないですが、マジョリティに合わす、それが正しいかのような風潮が

このような思いを生むきっかけにもなるのかなと。



私はヒロにはなるべく集団の中で普通にみんなと同じように生活をさせたいと思っています。

普段は一緒ですが、食べることに関してだけはどうしても区別をしないといけないところはあります。

それをなるべく感じさせないように、そう願っているだけです。

でもそれをするためには、こちらは低姿勢にならないといけない。

それは痛感しています。



食事をする場所が今回は最大の問題でした、私の中では。

私が思っていたこと以上のことがあったのではないか?そう思ったんですよね。

保育所と家庭と話し合った以上のことがあったのではないか?そう思ったんです。

それを家庭の事…と言われるのは悲しい限りです。

家庭の事でヒロはアレルギー持ちになったのではないです。



今、家では負荷後の訓練をしていますが、なかなか進みません。

卵白1g以下…簡単なようで難しいです。

ちくわで言うと半分。

元々、練り製品などを食べることをしていなかったので、それを食べさせるのは至難の業です。

量を間違えれば、症状が出てしまう。

そういう時の出来事だったので、保育所で見た光景は衝撃が大きかったのはあると思います。



今回のアレルギーの事に関しての記事は終わろうと思います。






訪問して頂きありがとうございます。
賛否両論あると思います。批判もあろうかと思います。
ですがアレルギーを持つ子供を育てていると壁にぶち当たることは多々あります。
自由に食べさせてあげたくても出来ない、4歳の子が気にしなくてもいいことを気にしている、
それを目の当たりにするのは辛いものはあります。
「これ、たべれる?」「たべてもいい?」「だいじょうぶっていったから、たべれるね」
お菓子1つ食べるのに、これだけの心配を4歳の子がしないといけません。
時には「母親のせいじゃないか」と言われることだってあります。それは私は受け入れます。
「母さんのせいで食べられない」とヒロから言われても私は受け入れます。
ですが第三者から、他人から分けられるような、排除されるようなことだけは許せなかったんですよね。
更新の励みになるのでポチっとして頂けたら嬉しいです♪
 
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ



  1. 2016/12/26(月) 15:24:53|
  2. アレルギー
  3. | コメント:8

腹が立って、情けなくて、悔しくて…ショックだったこと vol.2

昨日、保育所の所長先生に話をしました。

その経緯はこちら → 



まぁ、担任ではないので、どういう状況かは分からないので

先生自身も判断しかねるので

「聞いてみる。またお話しますね」

と、話を終えました。



そして帰ってからヒロに聞いてみました。



「はしっこでたべたよ」



「○くんとたべたよ」



「さみしくないよ」



「だって、アレルギーじぇけー」



あれ?

ヒロ、アレルギーだからこっち(端っこ)で食べると理解してる。

アレルギーだからと自分で区別して、自分で線引きして、自分で納得してる。



確かに自分で気をつけないといけないことはあると思う。

でもまだ4歳。

4歳だから出来ることもあるけれど、こういうことは違う気がする。



すごく切ない。



助け合いの精神ではないけれど、お互いが助け合って、お互いが譲歩点を見つけて

それを学びながら生活していくことが大切だと思う。



これじゃ、ニュースでしてた「福島から来た子を原発だの、なんだ」って言ってる大人と一緒じゃないか。



ヒロだって、本当はみんなと食べたいと思ってるかもしれない。

でも「アレルギーだから」と言われたら、そう納得せざるを得ないと思う。

何が悲しくて、壁に向かって、みんなと離れて食べないといけないのだろうか。



自分の子供がそうされていると知った時、

そうやっておやつを食べてることを想像した時、

とてもとても辛いものがある。



保育所には保育所の理由があるとは思う。

誤飲、誤食があるかもしれないから分けている…そう言うかもしれない。

でも説明すればいい話だし、それをある程度は理解できる年齢だし、

アレっ子のおやつの配膳方法を考えればいいだけだと思う。

というか、お昼ご飯は一緒に食べてるんだよ。なぜおやつだけは別なんだろうか。

納得がいく点が見つからない。



私、保育所での出来事は基本的に何も言わないし、別に構わないと思ってます。

叩かれたとか、引っ張られたとか、服が破れたとか、そういうのは別に構わないと思ってます。

子供同士のトラブルなので特に何も思いません。

むしろ元気でよろしいな~という感じ。

だけど、これは違う。

大人がやってることで、意味が全然違う。



と言っても、私の勝手な間違いかもしれません。

4歳の話を鵜呑みにする訳じゃないけど、でもヒロの

「はしっこでたべた」「アレルギーじゃけー」という言葉は、ある程度の信憑性はある(気がする)



今日、きっと担任の先生から話があると思う。

しっかり腰を据えて話をしてみようと思う。






訪問して頂きありがとうございます。
「みんなと同じように」
これを望むのは無理なんだろうか。
更新の励みになるのでポチっとして頂けたら嬉しいです♪
 
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ



  1. 2016/12/22(木) 14:30:05|
  2. アレルギー
  3. | コメント:2

腹が立って、情けなくて、悔しくて…ショックだったこと

保育所へ通わせて3年3ヶ月。

昨日、保育所生活で一番ショックな出来事がありました。



ヒロはアレルギー持ちです。

保育所では、一番注意が必要な子で症状としては重めです。

ですが、食べさえしなければ大丈夫、触れなければ大丈夫、

みんなと一緒に食べても大丈夫です。

それらを保育所には伝えてあります。



保育所生活をする上で、食事に関してお願いをしていたことがあって

「みんなと同じようにしてください」



確かに、一緒のものは食べられないので“同じ”は難しいです。

ですが、卵の代わりに似たような色の食材を使ってくれたり、

牛乳ではないものを使ってくれたり、

本当に調理の先生含め、保育所には感謝をしています。



席に関しても、アレルギーの子とそうじゃない子を分けないといけませんが、

アレっ子同士は同じ席にしているので、ヒロが1人になることはありませんし、

つい最近までは、アレっ子じゃないユウも同じ席にしてくれていました。



保育所に入った当初(1歳から2歳)

ヒロの席は社長席のような場所でした。

ヒロだけ机が高くて、他の子の牛乳などがこぼれてもヒロの目の前には来ないような対策をしてくれていました。

隣には常に先生がついてくれていて。

1つ学年が上がり(2歳から3歳)

席は机に4人1組で座るようになり、ヒロ初めアレっ子はアレっ子のみが集まった席になりました。

そしてヒロの隣に先生がついていてくれました。

今はユウが抜けたのでアレっ子同士が隣の席に座っています。



…と、思っていました。



昨日、ユウがお休みしたので、ヒロだけが保育所だったんです。

で、いつもより早くお迎えに行きました。

ちょうど、おやつが終わる時間の15時半ごろ。



教室に入ると、真ん中に机が並んであって、そこに子供たちと先生が座っていました。

「あれ?ヒロがおらんなー」

と、思ったら、ヒロの姿を見たのは教室の隅っこ。

隅っこに座っていました。

ただ座ってるんじゃないんです。



アレっ子のAくんとヒロが、壁に向かって座ってたんです。



みんなと背を向ける形で。



私、頭が真っ白になりました。



え?なんで、ヒロはここなん?



きっと、そこでおやつを食べたんだと思います。

アレっ子2人、壁に向かって食べてたんだと思います。

あくまでも私の想像する範囲なので分かりませんが、

前後の流れとしてそうだと思います。



その机には温蔵庫(ご飯を温めるやつ)や

お帳面を書くための雑貨類(シールとか)そういうものが置いてあります。

ヒロとAくんのスペースは机の半分程度しかありませんでした。



帰りにヒロに聞いてみました。

「どうして、あそこに座っとったの?」

「おやつ、あそこで食べたん?」

「いっつもなん?」

順を追って聞きました。

言葉の端々で何かヒントがあるかな?と思って。

でも何となく分からず。





すると

「アレルギーじゃけー」

「おひるごはんは、がっちんこ(みんなと机を並べて)で、たべよーる」



え?

アレルギーは別の席なん?

お昼ご飯は…?ってことは、おやつは別なの?



え?



4歳児なので全てを鵜呑みにするつもりはありませんし、全てが正しいとは思いません。

ですが、私が見た

ヒロが壁際に座っていた

という事実はあるわけで、それがとても悔しくて、情けなくて。




私含め、旦那もですが、ヒロには「アレルギーだから」というのは、あまり言わないようにしています。

ヒロが食べられないなら食べない生活をしたらいい。

そう思っているので、卵製品&乳製品が入ったおかずは作りません。

お菓子だって買いません。

買ったとしても隠してるし、それが見つかっても「毒だから」と説明をしてきました。

それはヒロにだけではなくユウに対しても一緒。

なのでユウにも犠牲を払ってもらっています。

家にはプリンもヨーグルトもありませんし、チーズもありません。

ユウが「ピザがたべたい」と言っても、何となくスルーして忘れさせています。

なるべく、みんなと一緒に。

なるべく、卑屈に思わないように。

そう生活しているし、そう保育所には伝えていました。



それが全て崩れた…そう感じました。



どうして別々に座っていたのか。

どうしてなのか。

症状が出ると面倒だから離しているのか。

アレルギー持ちは排除されないといけないのか。



もしかしたら座りたい子がそこに座っていたのかもしれない。

迎えに行った時に、ワーって集まってきたので分かりませんが、

確実にアレっ子は壁際に座っていました。



でもね。

「座りたいからそこに座らせてる」

は通用しません。

みんなと同じテーブルを囲んで食べる…これは生活をする上で大切なルールです。

4歳ともなれば「自分の好きなように」というのはダメな部分もあります。

遊びじゃないんですから。



今日、真相を聞いてみようと思います。

担任ではなく所長先生に。



とにかくショックだった。

子供に対してのやり方じゃない。





訪問して頂きありがとうございます。
きっと担任なりの異論反論はあると思う。絶対に「自分が正しい、私たちはプロだから任せて欲しい」と言うと思う。
今までがそうだったから。
だけど私が見た事実もあるわけだし、それは主張しようと思う。
なぜ、ヒロはみんなと同じ輪に入れてもらえなかったのか、それって…いじめじゃない?
一歩間違えればそうだよね?
更新の励みになるのでポチっとして頂けたら嬉しいです♪
 
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ



  1. 2016/12/21(水) 10:38:57|
  2. アレルギー
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:mika
出身地:広島県

2012年9月に産んだ男児×2の双子の事、
2011年に建てた家の事を書いています。

ランキングに参加しています

1クリックしてくださると励みになります♪ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村 子育てブログへ


インスタグラム

Instagram

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カウンタ

ありがとうございます♪



現在

カテゴリ

はじめまして (2)
双子 (356)
0歳 (67)
1歳 (98)
2歳 (34)
3歳 (157)
日常(出産後) (94)
必要書類 (6)
土地 (20)
お金 (29)
火災保険 (1)
間取り (33)
設備 (90)
床材、建具 (14)
玄関 (6)
キッチン (11)
お風呂 (7)
洗面、水回り (7)
トイレ (7)
照明 (14)
外壁、その他 (15)
その他 (8)
雑貨 (106)
欲しいもの (29)
買ったもの (77)
土地工事 (6)
基礎工事 (7)
日常、雑談 (101)
作ること (24)
ハンドメイド (20)
クッキング (4)
地鎮祭 (4)
上棟 (3)
建築中の状況 (17)
電話・ネット (2)
web内覧会 (19)
入居後 (146)
リビング (21)
玄関 (12)
キッチン・食品庫 (51)
トイレ・お風呂・洗面所 (24)
寝室・クローゼット (13)
洋室 (1)
ベランダ・外回り (14)
グリーン (5)
支払い (5)
片付け (13)
妊娠 (13)
出産記録 (6)
4歳 (40)
アレルギー (9)
父親の闘病記 (5)

お気に入り

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

hiro

赤ちゃんの成長曲線

yuu

赤ちゃんの成長曲線

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

気軽にメールをくださいね♪ 必ずお返事をします^^

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
男の子育児
12位
アクセスランキングを見る>>