二卵性のふたご日記

2011年新築、2012年9月双子出産の日記です♪

出産レポ 5

面白くないかもしれないけれど記録と記憶のために…

出産レポ 5

過去記事 → 


元々、立ち会い出産をするつもりはなかった私達。

帝王切開なので、立ち会い出産以前の話なのですが…。



旦那含め、付添人はオペ室隣の家族待合室で待っていたようです。

旦那の性格からして、静かに瞑想するかのように待ちたかったのだと思うのだけど、

実際はその真逆…。

終始、義父(旦那の実父)がしゃべっていたようです。

…想像はつきます。

お互いの両親が1部屋にいることなんて滅多にないし、

旦那は旦那で、実親がいらんことを言わんか、

それに対して私の親が腹を立てりゃせんか…

いろいろ考えていたそうで、違う意味で落ち着かなかったそうです。

…すごく判ります。

きっと、そういう雰囲気だったんだろうな…と。



小さな2人が1つの保育器で待合室に行ったとき、

誰より先に我が子に会いたかったであろう旦那。

じじばばに先を越されてしまい、

ちゃんとした写真を撮る事もなく、

ゆっくり我が子たちを見ることもなく、

NICUへ行ってしまったそうです。

私自信が、子供を見れないかもしれないから…

と頑張って写真を撮ろうとしてくれたみたいです。

感動の対面…というよりは、

バタバタした対面になってしまったようで、

旦那なりに感動して涙が出るかな…と自分でも思っていたみたいだけど、

感動は…なかったみたい。



ただ、私の父親から

「おめでとう、ごくろうさん」

と握手した時は嬉しかったみたいです。



手術後、緒手続き終了後は、

旦那も待合室の出来事を洗いざらい話していました。



でもね、動けない私をよそに、

NICU面会時間になると、カメラを持って面会に行ってたのは、

すごくすごく羨ましかったです。

父親になるって、こうも顔付きが変わるんだぁ~

と思いながら撮った写真を見せてもらってました。

まさか旦那が

「目をつむったら2人が出てくるんよ。何か落ち着いて寝られる」

と目尻が下がりながら話すとは…ねぇ(笑)



私は一足先に出産後1週間で退院しました。

実家には帰らず、今は旦那と2人生活をしています。

双子は、最低1ヶ月くらいは入院だろう…と言われていて、

私も毎日、病院へ通っています。

本当は、産後、ゆっくりした方が良いのだろうし、

周りからも言われているのだけど、

自分の子供が入院していたら、毎日行くでしょぉ~!

と、毎日ゆっくりながらも動いています。



私自身は、出産後10日で12キロ痩せてしまいました。

双子が入院しているNICUの方からは

『痩せるのが早すぎる。お母さんがゆっくり休むのも仕事だから』

と言われてしまいました。

きっと、更年期に何らかの影響が出てくるかな?

とか思いながら、日々を過ごしています。



出産レポ、終了です。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/27(木) 08:12:52|
  2. 出産記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出産レポ 4

面白くないかもしれないけれど記録と記憶のために…

出産レポ 4

過去記事 → 



第1児誕生はオペ室に入ってから20分後くらいでした。

泣き声を聞いた時は、さすがにウルっと来ました。

お腹に居た時は、あまり動かなかった子。元気良く泣いていました。

泣き止む事がないくらいずっと。

そして次の瞬間、爆笑の渦が…。

第1児、産まれて数秒後に、おしっこ噴射です…先生めがけて(笑)

助産師さんいわく、

「あんまりこういう事しないんだけどねぇ~」

と。

新しい世界、気持ち良かったのでしょうか。

まさに、うちの子らしいです(笑)



そして2分後もまた、お腹の荷物をどかされたような感覚。

ちょうど、胎動を毎日感じていた場所。

第2児誕生です。

お腹に居る時は、逆子になったり元に戻ったり、

あばらと平行になったり、落ち着きない子でした。

この子も負けず劣らず大きな声で泣いていました。



2人とも2000gくらいしかないだろう…という術前診断だったので、

もちろんカンガルーケアはなし。

ちょこっとお顔を見せて貰って、ほっぺを触って終了です。

2人合わせても1分も触れていませんでした。



そして2人のつかの間の対面後、

術中にも関わらず吐き気でえづく私。

肩も痛いし、でも動けない状況が現実に引き戻された瞬間です。



縫合が終わったのは30分後。

オペ室にはトータル1時間いただけでした。



術後は病室に戻り、24時間心電図、酸素吸入。

もちろんベッドから起き上がることすら出来ませんでした。



直後は両親、義両親から

「ごくろうさん」

「ゆっくり休め」

などなど軽めの話をして、親達は帰って行きました。

旦那は見送ったあと、子供2人の入院手続きなど、慣れない書類書きに翻弄。

まして全て×2だから大変だったみたいです。



それから私は寝る事もなく妙に興奮して手術中の話を旦那にしていた記憶があります。

もちろん、私がオペ室に入ってる最中、いかに旦那が気を遣っていたか…

そんな話もたくさん聞きました。



何だか出産したとは思えませんでした。

何でしょう…。

帝王切開だったからでしょうかね。

陣痛を味わうこともなく、長時間痛みに耐えるわけでもなかったので。



ただ、お腹は軽くなってるな…という感じだけはありました。
  1. 2012/09/26(水) 10:00:00|
  2. 出産記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出産レポ 3

面白くないかもしれないけれど記録と記憶のために…

出産レポ 3

過去記事 → 



オペ室へは1つのチーム?という感じで、わりと多くの人が入っていました。

見た感じと紹介された人で言うと

執刀医1人、産科医1人、助産師2人、看護師3人、

小児科医(新生児担当)2人、麻酔科医2人、その他数名

は居たと思います。



多胎さんの場合、子供の人数分の助産師さんと小児科医さんがつくことになっていました。

あくまでも私が産んだところは。

なので、母子手帳に書いてある助産師さんは長男、次男で違っています。



下半身は麻痺してても耳はしっかりしているもんで、

途中のBGMがミスチルの「simple」でした。

「10年も20年先も君と生きれたらいいな」と言う歌詞が、

すごーく今の状況に合ってるようで、

この曲をあえてチョイスしていたんじゃないかな?と思ったり。



そんな事を考えていたら、

お腹に乗っていた荷物をどかされたような感覚で

一瞬お腹が軽くなりました。

第1児誕生です。
  1. 2012/09/25(火) 17:29:42|
  2. 出産記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出産レポ 2

面白くないかもしれないけれど記録と記憶のために…

出産レポ 2

過去記事 → 


オペ室はとても綺麗でした。

なぜここに50インチくらいのテレビがあるんだろ~とか、

手術のライトはLEDだから、光が拡散して、

よく聞く手術光景(血がなんとなく判ったり)はないなぁ~とか、わりと冷静でした。



実は帝王切開の方法というか、状況というか、

そういう情報を一切入れずに手術に臨んでいました。

怖くなるのも嫌だったし、何より手術をして下さるチームを信頼しない事には

良い出産は出来ないだろうと思ったので。



オペ室に入ってすぐに細身なベッドへ移動。

本当、上向きになった時に余白がないくらい細身なベッド。



直後に血圧計を付けたあとに、背中に麻酔。

腹がでかい人が蚕みたいに丸まるのは少ししんどかったけど、

看護師さんにぎゅ~と丸められた時に麻酔。

すぐに効きはじめ、その判断はアイスノン。

冷たいか冷たくないか…だけ。

麻酔は本当、変な感覚でした。

胸から上は感覚があるのに腹以下は全くなし。

寝てるのに足の方は自分じゃないみたいで早く解放されたかったです。



そして「始めます」とかの合図があるわけでもなく手術開始となりました。
  1. 2012/09/20(木) 08:48:47|
  2. 出産記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出産レポ 1

面白くないかもしれないけれど記録と記憶のために…

出産レポ 1



絶食は午前0時から

絶飲は午前6時から



入院中は2時間程度しか寝れない日々が続いていたので

手術当日も午前4時頃からウトウト。

全く緊張はしていませんでした。



8時半頃、旦那到着

9時頃、両親到着

9時半頃、義両親到着



尿管を通したり、術前にする事をして、10時過ぎにベッドで先に分娩室へ移動。



胎盤位置、双子の位置を確認後、術前に最後、旦那との時間を過ごす。

旦那も私も5年間の治療が終わる気持ちを噛み締めたり、

頑張ろう!

と言い合って、手術時間の10時半に。

ここで旦那と別々になり、心細いなぁ~と思いながらもベッドのままオペ室へ。

8部屋くらいあるオペ室の6番のオペ室で手術。




オペ室前で5~10分待ったのち、ドラマみたいにオペ室の中から人が来て、助産師さんが

「○○さん、帝王切開です」

と言い、私はオペ室へ入って行きました。
  1. 2012/09/19(水) 09:32:37|
  2. 出産記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mika

Author:mika
出身地:広島県

2012年9月に産んだ男児×2の双子の事、
2011年に建てた家の事を書いています。

ランキングに参加しています

1クリックしてくださると励みになります♪ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村 子育てブログへ


インスタグラム

Instagram

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンタ

ありがとうございます♪



現在

カテゴリ

はじめまして (4)
双子 (356)
0歳 (67)
1歳 (98)
2歳 (34)
3歳 (157)
日常(出産後) (105)
必要書類 (6)
土地 (20)
お金 (29)
火災保険 (1)
間取り (33)
設備 (90)
床材、建具 (14)
玄関 (6)
キッチン (11)
お風呂 (7)
洗面、水回り (7)
トイレ (7)
照明 (14)
外壁、その他 (15)
その他 (8)
雑貨 (107)
欲しいもの (29)
買ったもの (78)
土地工事 (6)
基礎工事 (7)
日常、雑談 (101)
作ること (24)
ハンドメイド (20)
クッキング (4)
地鎮祭 (4)
上棟 (3)
建築中の状況 (17)
電話・ネット (2)
web内覧会 (19)
入居後 (146)
リビング (21)
玄関 (12)
キッチン・食品庫 (51)
トイレ・お風呂・洗面所 (24)
寝室・クローゼット (13)
洋室 (1)
ベランダ・外回り (14)
グリーン (5)
支払い (5)
片付け (14)
妊娠 (13)
出産記録 (6)
4歳 (122)
アレルギー (16)
父親の闘病記 (9)

お気に入り

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

hiro

赤ちゃんの成長曲線

yuu

赤ちゃんの成長曲線

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

気軽にメールをくださいね♪ 必ずお返事をします^^

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
男の子育児
12位
アクセスランキングを見る>>